2017.05.01

2017宙組「王妃の館」「VIVA!FESTA!」ライブビューイング(みりおんサヨナラ公演)

実咲凛音(みりおん)サヨナラ公演のライブビューイングを見てきました。

みりおんが単独で退団すると知った後、次の娘役トップは決めないと知った時、「えー、だったらみりおん続投でいいじゃん(所謂“添い遂げ”)」と思ったのですが、今回、みりおんサヨナラ公演を見て、ああ、違うんだと。

貢献度の高い娘役に華を持たせるために、敢えて単独退団なんだと。
銀河英雄伝説のアイスブルーの瞳を歌い始めた時に、ああ、この人って、ヒルダだったんだよなー、と。
そして、次のベルばらでロザリーだったんだよなー、と。
その不遇過ぎる(ヅカ娘役トップとして地味な役柄)配役から、タイトルロールのエリザまでやり遂げて、そんな人がまぁさまの影(←えっ、ディアナ?!そこまで深い?!?)で終わっちゃダメだよなあ、と思ったら、みりおんのためにまぁさまは敢えてヤモメ生活をすることを選んだんだなあ、と、感動いたしましたわ。

みりおんはたぶん、東宝エリザに出ると思うので、それも楽しみです。

お疲れさまでした!>みりおん

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.04.30

2017宙組「王妃の館」「VIVA!FESTA!」ライブビューイング(本編)

いやー、面白かったです♪
大劇場は満員じゃない日もあったらしく、浅田次郎原作の現代劇ということで、宝塚素人にはぴんとこない演目だったのかな、とも思いますが、
朝夏まなと(まぁさま)が、変人作家の役をキレッキレでこなしてました。

物語が降りて来た時の「キターーーー!」から、爆笑しちゃったので、ハードル下がる下がる。
映画館であんなに笑ったの、ないわー。

真風凉帆(ゆりか)がまた、ルイ14世の亡霊の役なんだけど(意味不明ですね)、「余は探し求めているのだ」とか二人称の「そなた」とか昔の偉い人感醸し出してるのに、まぁさま演じる変人作家がどこまでもタメ口で、それだけでも笑いこらえるのに必死!w

別に楽じゃなくていいので見たかったなあ。
東京で二倍の日程でやれば少しはチケット当たるようにならないかしら。
ホント、チケットのハードルが高すぎるよ、ママン。

実咲凛音(みりおん)が、コメディやってるのも現代劇やってるのも初めて見たけど、うまい役者さんなんだなぁ、と思えました。
本人の希望って娘役の場合、どれほど通るのかしらん。

私が、サヨナラ公演するなら、やっぱりパニエドレス着たいけどなあ~。

(2017/5/3 wrote;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.03.11

ポイント好き

ポイントカードが好きだ。

1ポイントの単価が高かったり遠方なのに有効期限があったりして絶対に達成は無理!と思うようなポイントカードももらってしまう。

一方で、達成してても超絶めんどくさがりで商品交換期限を逃してしまうこともある。

本末転倒も甚だしい。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.01.01

あけましておめでとうございます。

昨年はもう少し良い年になる予定だったのですが、割合といろいろダメな感じでした。

仕事が4月に変わったのですが、苦手な仕事の後始末も結局ついて回るし、新組織になってまあ表にはかけないこともいろいろあり、とても私事で神経使う余裕がなくなるという体たらく。

それでも、浮上した時にむりくり(←方言?)入れた予定と観劇とコンサートという基本受け身イベントに参加したりしてなんとなくリア充感がなくもない1年でした。

ご一緒してくださったみなさん、お声がけくださったみなさん、ありがとう・ありがとう・ありがとう(エンドレス)

同僚には、とりあえず、1月から心機一転は無理だから新年度から頑張ります宣言をした年末でしたが、本当に、今年こそ、いい年にしたいものです・・・。

(2017/1/1 wrote;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.09.04

過去エリザを観賞する会

Mちゃんが、某専用チャンネルで過去エリザ撮りまくったから見ようよー、と誘ってくれたので、遊びに行って来ました。
所要時間10時間。

興味のない人には嫌がらせレベルだったような気もしないでもないですが、
超絶楽しかった!

初演エリザをぎゃーぎゃー言いながら見るなんてなかなか出来ないよ~。
つか、一路トートすっごく良かった!
花總さんも今よりいいくらい良かった。つか、ルックスが20年前と同じって、どういうことなのか。

他は98年宙組と春野トートの3パターン。
昼から集まってそれしか見られないんだなあ、と。

春野トートも素晴らしく良かった!

エリザベートの「トート」は、分かりやすく言えば死神なのですが(私の解釈では、もっと概念的な存在の具現化なんだけど)、私がシシィだったら黄泉の世界へいつでも連れていっていただいていいわけで、どれ見てても二幕まではたどり着けないという…。

姿月トートはルックスが前髪クネ男だなあと思ってしまい、トートランキングでは下位になるけど、作品として洗練されてて、これもまたすごく良かったです。

Mちゃんありがとうー。


来週は黒髪のまなトート。
みりおんちゃんは歌ウマさんなはずなので、楽しみです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

«2016東宝「エリザベート」