2017.03.11

ポイント好き

ポイントカードが好きだ。

1ポイントの単価が高かったり遠方なのに有効期限があったりして絶対に達成は無理!と思うようなポイントカードももらってしまう。

一方で、達成してても超絶めんどくさがりで商品交換期限を逃してしまうこともある。

本末転倒も甚だしい。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.01.01

あけましておめでとうございます。

昨年はもう少し良い年になる予定だったのですが、割合といろいろダメな感じでした。

仕事が4月に変わったのですが、苦手な仕事の後始末も結局ついて回るし、新組織になってまあ表にはかけないこともいろいろあり、とても私事で神経使う余裕がなくなるという体たらく。

それでも、浮上した時にむりくり(←方言?)入れた予定と観劇とコンサートという基本受け身イベントに参加したりしてなんとなくリア充感がなくもない1年でした。

ご一緒してくださったみなさん、お声がけくださったみなさん、ありがとう・ありがとう・ありがとう(エンドレス)

同僚には、とりあえず、1月から心機一転は無理だから新年度から頑張ります宣言をした年末でしたが、本当に、今年こそ、いい年にしたいものです・・・。

(2017/1/1 wrote;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.09.04

過去エリザを観賞する会

Mちゃんが、某専用チャンネルで過去エリザ撮りまくったから見ようよー、と誘ってくれたので、遊びに行って来ました。
所要時間10時間。

興味のない人には嫌がらせレベルだったような気もしないでもないですが、
超絶楽しかった!

初演エリザをぎゃーぎゃー言いながら見るなんてなかなか出来ないよ~。
つか、一路トートすっごく良かった!
花總さんも今よりいいくらい良かった。つか、ルックスが20年前と同じって、どういうことなのか。

他は98年宙組と春野トートの3パターン。
昼から集まってそれしか見られないんだなあ、と。

春野トートも素晴らしく良かった!

エリザベートの「トート」は、分かりやすく言えば死神なのですが(私の解釈では、もっと概念的な存在の具現化なんだけど)、私がシシィだったら黄泉の世界へいつでも連れていっていただいていいわけで、どれ見てても二幕まではたどり着けないという…。

姿月トートはルックスが前髪クネ男だなあと思ってしまい、トートランキングでは下位になるけど、作品として洗練されてて、これもまたすごく良かったです。

Mちゃんありがとうー。


来週は黒髪のまなトート。
みりおんちゃんは歌ウマさんなはずなので、楽しみです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.07.27

2016東宝「エリザベート」

三連休最終日。

エリザ見てきました。

正直、前回のエリザ完璧だったんですよ。

最前列の無駄な興奮とか置いといても、本当に素晴らしかったの。

井上トートの「愛と死の輪舞(ロンド)」の「ただの少女のはずなのに」で、私がシシィなら昇天してその後の人生ないんだってば。

その後の冷徹な死としての器と死らしからぬ人間臭い感情が織り交ざったトートがすごく良いのですよ。

声フェチの私としてはその声の厚みがちょうどよくてホントにホントに素晴らしかった。

もちろん、トート閣下だけじゃなくてシシィもゾフィもフランツ・ヨーゼフも(というか、佐藤フランツ初体験だったけど、声の深みがとてもよかった。演技力では田代くんなんだろうけど頑張ったら夜ボとか絶対すごいと思う。いや、今でもすごいんだけども)古川ルドも、大人は誰も失敗しなかったというか大成功だったというか。

でも。

違いました。

最高峰が2つあったのですよ。

もうもうもう・・・・!!!

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.07.26

A35体験

というわけで、引き続き「エリザベート」の話。

昨年、プレイガイド先行と貸し切り先行で「井上蘭乃」「城田花總」を観劇し来年こそはS席で!と意気込んでいたはずだった2016東宝エリザ。先行期間が春先で多忙過ぎてメンタルも若干やられてたので、十分にチケット争奪戦に参戦できず、エントリできた数件は惨敗し、今年はエリザが見られないと超凹んでいた私に私をエリザの道に導いた友人O嬢からメールが舞い込みました。

「昨年エリザが十分に見れなかったのでファンクラブに入ってチケットを取ったらかなりの枚数がとれてしまったので一緒に行きませんか&譲りましょうか」という涙が出そうな嬉しい連絡でした。

この「譲りましょうか」チケットが(メールの時点では席は分からなかったのですが、公演数週間前に届いてみたら)まさかの「A列35番」という最前列通路席だったのです!!!

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«「エリザベート」の話